就職活動の証明写真の必要性

就職活動の証明写真の必要性

就職活動(就活)における証明写真は、2点の重要な必要性を持っています。

 

1点目は「本人を証明」する必要性です。
パスポートや運転免許証などで明らかなように、
自分自身の顔写真はパスポートや運転免許証の所有者であることを証明してくれます。

 

こうしたことは就職活動で使用する履歴書に添付する写真においても同様です。
履歴書に添付された写真は、
その写真と同一の顔をした人物こそが履歴書に記載してある氏名の人物であることを
証明してくれるのです。

 

2点目は「人物を印象で判断」する必要性です。
履歴書では、証明写真だけが画像情報です。
履歴書を書いた人材の第一印象は証明写真で決まってしまいます。

 

多くの人は、チラシなどの紙媒体を「Zの法則」で見るといわれます。
視線が左上・右上・左下・右下と移動してZの書き順と同じ動きをするのです。
履歴書でいえばまず左上の氏名を見て、次に見るのが証明写真ということです。
この氏名の人材がどのような人間なのかを知るための第一印象は、
この証明写真で決まるのです。

 

一般企業の場合は写真の第一印象だけで合否を決定するようなことは考えられませんが、
人は中身が勝負といいながらも第一印象はいつの時代でも重要といえます。

 

こうした就職活動に重要な証明写真ですから、
できる限り好印象を与える写真を撮らなければなりません。

 

そのためには、やはりプロのカメラマンの力を利用することです。
具体的には、フォトスタジオでの証明写真の撮影がおすすめです。
撮影スタジオは東京全体でレベルが上っていますから、スピード写真とは写真のクオリティも段違いのものになります。

 

プロカメラマンのアドバイスを受けながら撮った写真は、
スピード写真や素人が撮った写真よりも格段に良い印象を与えます。